介護者の不足

リハビリルーム

高齢化に伴い、介護を必要としている人の数が急激に増加していることは周知の事実です。しかし、介護サービスを提供する従事者の数が不足していることが大きな問題になっており需要と供給のバランスが取れていません。有料老人ホームの入居も順番待ちが続いており、サービスを利用したくても利用することができるずに困っている人々が大勢います。有料老人ホームの形態は様々で、高額な入居料を必要とする施設から国や自治体が補助金を支払っている施設と多岐にわたります。入居することができる人数に限りがあるので、有料老人ホームの場合でも介護の重要性が高い人から受け入れることが一般的になっています。人材確保と施設の拡大が急務になっているのが現状です。

有料老人ホームの中には、介護を目的とせずに余生を楽しむための施設もあります。高齢で一人暮らしをすることに不安を感じている富裕層に人気を集めている有料老人ホームは入居費用が億を超える施設もあります。プロの料理人が在籍し、温泉や、各種レクリエーション施設を整えた設備は豪華ホテルのような内容になっています。新しい人間関係を築くこともできるので、余生を楽しみたい高齢者に大人気となっています。このような施設は高額の費用が発生するにもかかわらず、販売と同時に完売する事も珍しくはありません。資産を売却して入居費用に充てる方や資産運用によって富を築いた方など様々です。ごく一部の人しか利用する事ができませんが、余裕がある方にとっては最高のサービスを提供してもらうことができます。