市販される特別車両

リハビリルーム

福祉車両とは、体が不自由な人でも乗り降りすることができる車両を指します。これまで、こう言った福祉車両は非常に高額であり、福祉施設や介護施設等、業務用として使われてきました。しかし、現在は一般家庭でも手が出せる価格になってきました。 現在は、新車購入時に福祉車両として使うかオプションで選べるようになりました。特に軽では、簡単な器具を装着するだけで、車椅子ごと乗り降りすることができる車種が増えています。また足が不自由な人でも乗り降りが楽になるよう、座席が回転する仕様の物や、長めの手すりをオプションで付けられる等、細かい配慮がなされています。後から取り付けると割高になるので、新車購入の時に取り付けると無駄がありません。

現在、日本では高齢化社会が進んでいます。先進国の中でもこのスピードは異例で、ますます介護に関連した市場は拡大されると言われています。それと同時に、介護関連の商品が介護保険の登場により、たやすく手に入れられるようになりました。 また、障害者手帳を持っている場合、新しく買う車を福祉車両として病院の送迎等に使う場合、補助金が出ることもあります。制度は、各自治体によっても異なるので、制度を利用する場合はきちんと調べておくと無駄がありません。全額補助する自治体もあれば、価格の一部を補助してくれるところもあります。 また介護保険を利用できる車種もあります。詳しいことは担当のケアマネージャーを通して聞くことが大切です。