介護専用施設

リハビリルーム

2025年に団塊の世代の方たちが75歳を迎える年に日本は超高齢社会になるといわれています。という事は介護が必要な要介護者が最も増える時代ともいえます。ただ、介護の受け皿に関しては、現在でも足りていない状況が続いており、できるだけ在宅での生活を続ける事を国は推奨し、政策も開始されようとされています。確かに、だれもが自宅での生活を望まれる事だとは思いますが、介護状況や諸事情により自宅での生活が困難になる場合もあります。介護報酬を圧迫するサービスとして施設サービスといわれており、国や都道府県はあまり増やす事を考えてはいません。その為、有料老人ホームに期待されている部分も多く、軒並み建設されております。ただ、一概に有料老人ホームといっても、サービス内容は様々です。その中でその時代時代に合った工夫をする事で、他とは差別化を図れるメリットはたくさんあります。

現在の有料老人ホームの流れとして、多くは住まいの賃貸を行い、その住まいにヘルパーや看護師に訪問してもらったり、同敷地内のデイサービスに通ったり等が殆どだと思われます。その他の時間はサービスで施設常駐の介護職員が対応してくれるのですが、その部分で有料老人ホームによって差が大きくあります。現在は状態によってそれぞれの施設がそれぞれのニーズに対応をしてこれてきましたが、超高齢化を迎える10年後には特別養護老人ホーム等の介護施設数の不足から有料老人ホームでも最期まで対応を望まれる事も増えてくるかもしれません。現在でも有料老人ホームの規定にない看護師を雇ったり、宿直ではなく、夜勤を行い介護士を雇ったりと取り組んでいるホームも増えてきています。